肌が白くなる洗顔方法を伝授!今すぐ肌が白くなる石鹸を紹介

紫外線対策

紫外線は肌に悪いと良く言われますが、これは本当のことです。

 

強い紫外線を浴び続けることにより、ニキビやシミ、シワといった肌トラブルを引き起こすリスクが高くなります。

 

若い頃は、大量の紫外線を毎日浴びても、肌の再生能力が高いので、肌トラブルを起こすことはあまりありませんが、年齢を重ねてくると徐々に肌の再生能力が低下してしまうため非常に危険です。

 

また、若い頃に浴びた紫外線の影響が、30代や40代になって現われることもあるので、できれば10代から気をつけるのが理想だと思います。

 

では、紫外線対策をしようと思った場合、どういったことを行うと良いのでしょうか?

 

代表的な紫外線対策には、以下のようなものがあります。

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 日傘や帽子の使用
  • UVカット加工のメガネの使用

 

まず、日焼け止めクリームを塗ることで紫外線を大幅にカットできます。

 

日焼け止めクリームは夏のイメージがありますが、他の季節でも日差しの強い日は使うようにするといいでしょう。

 

また、日傘や帽子を使用することで紫外線を遮ることができ、目の周りのシミを対策としてUVカット加工のメガネを使うのもオススメです。

しみ対策は何歳から行ったほうが良いか?

しみ対策をしたいと思っても、いつから行えばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

 

まず、しみが本格的に出始めるのは、30代~40代くらいからです。

 

若い頃から紫外線を大量に浴びている人であれば、20代でしみが発生する可能性もあります。

 

そのため、しみ対策は早ければ早いに越したことがないので、できれば10代のうちから行っていた方がいいでしょう。

 

しかし、だからといって、20代や30代から始めても意味がないという訳ではありません。

 

確かに、10代から始めている人よりはしみができやすいですが、しみ対策をしないよりはよっぽどいいです。

 

20代や30代になっても何もせずに肌を放置していると、しみがたくさんできてしまいます。

 

でも、危機感を感じてしみ対策を始めれば、しみを減らしたり、薄くすることは可能です。

 

しみ対策に遅いということはないので、危機感を持ったのであれば今すぐにでも行うのがベストなタイミングだといえます。