美白洗顔 日焼け肌を白くする方法

体の内側からできる日焼け後ケア

日焼け後の美白ケアは、外側からだけではなく体の内側からもケアすることができます。

 

日焼け後は、ほてった体を冷やして、熱を落ち着かせることが大切です。

 

体の内側からできるケアとしては、まず水分補給をすることです。

 

日焼けした直後に、冷たい水を飲みます。

 

そうすることで体の内側から体を一気に冷やすことができます。

 

日焼けによって、体内の水分も皮膚の水分も蒸発して、乾燥している状態です。

 

基礎化粧品を肌に塗るだけではなく、口からも体内へ水分を補給することで、体の乾燥状態を解消して潤すことができます。

 

ミネラルウォーター、スポーツドリンクなどがおすすめです。

 

次にビタミンを補給することで、美白ケアを行います。

 

紫外線を浴びると、体内でメラニン色素が生成されて日焼けの原因となります。

 

ビタミンCを摂ることで、メラニン色素が作られるのを抑える効果があります。

 

また保水力を回復する効果もあります。

 

ビタミンCは、柑橘類(グレープフルーツなど)、キウイ、アセロラ、緑黄色野菜などを食べることで摂ることができます。

 

ビタミンCとビタミンEを共に摂ることで、美白効果が上がります。

 

ビタミンEには肌の新陳代謝を促進する効果があります。

 

ビタミンEは、魚、アボカド、モロヘイヤ、ナッツ類などを食べることで摂ることができます。

 

この他、ビタミンAにもC、Eと同様に美肌再生効果があります。

 

ビタミンAは、にんじん、小松菜を始めとした緑黄色野菜、レバー、うなぎなどで摂ることができます。

 

反対に、日焼け後に摂取を避けたいものは、アルコール、カフェインなどです。

 

水分を対外へ排出してしまうため、日焼け後の体から大切な水分を奪ってしまうことになります。

日焼け後の美白サプリメント

サプリを摂ることで、日焼け後のケアができます。

 

おすすめなのは、「プラセンタサプリ」です。

 

プラセンタには、抗酸化作用があり、日焼け後に活動が活発になるメラニン色素の働きを、活性酸素を取り去ることでメラノサイトへの刺激を防ぎ、働きを止めるのです。
プラセンタは、高い保湿効果があります。

 

また美白効果のあるビタミンCとも相性がいいこともおすすめの理由です。

 

ヒアルロン酸、コラーゲンなどを摂ると、プラセンタとの相乗効果で肌のターンオーバーを促進します。

 

その結果、日焼け後の肌の色素沈着を防いで、美白へと導くことができるのです。

 

サプリの大きなメリットは、手軽に飲むことができて、効果的にケアできること。

 

体の内側から直接作用させることができるため、効果を得やすくて手っ取り早いこと。

 

敏感肌でスキンケアで合うものがなくても、美白サプリでケアできること。

 

肌に直接つける美白化粧品は、肌に合わない人でも、サプリならば特にトラブル症状もなく使えるという人も多いです。

 

早くシミなどを消し去りたいとき、美白化粧品とWケアをするなど効果を得やすいこと。

 

サプリを飲むことで、顔だけではなく、体全体もまとめて美白ケアできることなどが挙げられます。

 

サプリは、日焼け後の肌ケアにおすすめですが、サプリだけで美白効果が完全に得られるものではありません。

 

美白化粧品などと併用して利用することで、効果が得られるものです。

 

評判のいいサプリも、体質によってそれぞれ合う人、合わない人がいます。

 

合わないものをいつまでも飲むのはやめましょう。

 

サプリだけに頼るのではなく、スキンケア、食事などの方法を併用してうまく利用していきましょう。