肌の色が白くなる洗顔石鹸!洗顔後すぐに肌が白くなる石鹸

美白成分とはどんな成分なのか?

美白成分には、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制するものとメラニンの排出を促進するものがあります。

 

つまり、美白の妨げとなるメラニンを作らせないようにする、できてしまったメラニンを体外に追い出すのどちらかになります。

 

メラニンを作らせないようにする美白成分としては、トラネキサム酸やt-シクロアミノ酸、ビタミンC誘導体、コウジ酸、アルブチン、プラセンタエキス、油溶性甘草エキス(グラブリジン)などが代表的です。

 

できてしまったメラニンを体外に排出するのをサポートする美白成分では、出芽酵母エキスやプラセンタエキス、4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)などが有名です。

 

中には、4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)やプラセンタエキス、ビタミンC誘導体などのように、メラニンの生成抑制と排出、両方の効果を持つ美白成分もあります。

 

また、すでにできてしまっているシミやくすみを改善するには、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、カモミラETなどの美白成分が有効です。

 

美白化粧品を選ぶ際には、配合されている美白成分の効果をよく確かめて購入するようにしてください。

酒粕で美白になる方法

酒粕で美白ができるといわれていますが、本当なのでしょうか?

 

結論からいうと、本当です。

 

酒粕には美白効果があり、化粧品に使用されていることもあります。

 

シミができる原因として最も大きいのが、紫外線です。

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が現われ、それがしみの原因になります。

 

メラニン色素はドーパクロムという物質が紫外線を浴びることで変化したものです。

 

ということは、ドーパクロムを抑制することができれば、メラニン色素の発生を防ぎ、しみを作らずに済むということになります。

 

そして、このドーパクロムの発生を防ぐ成分を含んでいるのが酒粕です。

 

さらに、酒粕には保湿・保温効果がある成分が大量に含まれているため、美肌をつくるのに最適です。

 

酒粕にはこういった効果があるので、美白にいいといわれています。

 

酒粕の成分を配合した化粧水を使用するのもいいですし、酒粕を使ってパックをするのもいいでしょう。

 

また、体内から取り入れるというのも美白に効果的です。