肌の色が白くなる洗顔石鹸!洗顔後すぐに肌が白くなる石鹸

美白に効果のあるビタミン

美白にはビタミンが効果的なのは、今さらいうまでもないことでしょう。

 

美白=ビタミンC(アスコルビン酸)というのは、女性ならほとんどの方が知っている事ではないでしょうか?

 

しかし、美白によいのはビタミンCだけではなく、ビタミンE(トコフェロール)も美白に役立ちます。

 

ビタミンEには、抗酸化作用と新陳代謝を促進する働きがあるため、美白に繋がる働きをします。

 

また、ビタミンCと一緒に摂ることで、相乗効果も期待できます。

 

さらに、ビタミンA(レチノール)も美白に有効なビタミンです。

 

ビタミンAは、美白化粧品にも配合されているし、美白効果の他に肌の乾燥を改善する効果もあります。

 

これらのビタミンA・C・Eは、「ビタミンエース」、「攻めのビタミン」とも呼ばれており、美白・美肌効果だけでなく、生活習慣病の予防にも繋がると言われ、ニキビ跡の改善にも役立つといわれています。

 

ただし、どのビタミンも過剰摂取は禁物で、適量を毎日コツコツと継続して摂ることで美白効果が得られますが、その美白効果を実感できるまでには、三ヶ月以上かかるといわれていますから、気長に続けることが大切です。

タバコは美白の大敵

タバコは美白によくないといわれていますが、これは本当のことです。

 

タバコにはニコチンと呼ばれる有害物質が含まれています。

 

ニコチンが体内に入ってしまうと血液の流れが悪くなり、血液の中に含まれる老廃物を排出することができなくなります。

 

そうすると血液が汚れたままなので、肌の色が濁って見えてしまうという訳です。

 

そのため、タバコを止めない限り、いくら美白効果がある化粧品を使用しても無駄ですし、いくら食べ物に気を遣っても意味がありません。

 

全てタバコのせいで、効果が半減してしまいます。

 

さらに、タバコを吸うとビタミンCが大量に消費されてしまうので、美白を妨げるだけでなく、肌トラブルを引き起こす原因にもなると思ってください。

 

また、よく知られていることですが、健康面にも悪影響を及ぼします。

 

ガンのリスクを高めてしまうので、長生きするためにも止めた方が良いでしょう。

 

タバコにはこのような害があるため、美白を意識しているのであれば、禁煙することをおすすめします。