肌の色が白くなる洗顔石鹸!洗顔後すぐに肌が白くなる石鹸

美白の為の紫外線対策

肌を白くする紫外線対策としては、日焼け止めを塗ることが大切です。

 

日焼け止めには、SPFとPAの表記がありますが、SPFがシミやたるみ、しわの原因となるUV-A、PAが日焼け、炎症、ソバカスの原因であるUV-Bをどのくらい防げるかを表しています。

 

紫外線を浴びて、肌が赤くなってしまうまでの時間を20分~30分と仮定すると、20分~30分×SPFの数値が効果が持続する時間の目安になるので、一度日焼け止めを塗れば安心というわけではありません。

 

PAは+で表記されており、+が一つの場合には、日焼け止めを塗らない時に比べて、2倍から4倍くらいUV-Bを防げます。

 

++で4倍から8倍、+++で8倍以上、++++で16倍以上のUV-B防止効果が期待できます。

 

こういった日焼け止めを紫外線の量に合わせて、こまめに塗ることが最も重要な紫外線対策です。

 

また、日傘を差したり、UVカット加工されている服やサングラス、帽子、肘までの手袋などを利用するのも効果的です。

 

そして、食べ物でも紫外線対策をすることもできます。

 

自分にとってやりやすい方法で、季節や天候に関係なく毎日、紫外線対策するように心掛けてください。

イオン導入は美白に効果的

イオン導入は、美白にいいといわれています。

 

なぜ美白にいいのかというと、普通に美白成分が配合された化粧品を使用しても、肌の奥まで届けることは難しいですが、イオン導入なら肌の奥まで美白成分を届けることができるからです。

 

ただし、使用方法を間違えてしまうと上手く美白効果が現われないので、注意しないといけません。

 

イオン導入の注意ポイント

  • 市販の化粧水を使用しない
  • パウダータイプを使用する
  • 水溶性の成分のものを使用する
  • 連続使用を控える
  • 洗顔後に行う
  • ヒアルロン酸を活用する

 

市販の化粧水には、不純物が多く含まれているので使用しない方が良いです。

 

きちんと専用のものを使用するようにしてください。

 

それに、純度の高いパウダータイプを使用した方が本来の効果を実感できます。

 

また、油分が入ったものではなく、水溶性の成分のものを使用してください。

 

連続して使用すると、肌への負担が大きいので注意しましょう。

 

肌が汚れた状態で使用しても効果が薄いため、洗顔後に使うことも大切です。

 

そして、ビタミンC誘導体にヒアルロン酸を併せて使うと、イオン導入後の肌の乾燥を防ぐことができます。