美白洗顔 日焼け肌を白くする方法

日焼け肌を白くする洗顔

日焼け 白くする

  • 肌を白くする洗顔料って、どれが一番良いの?
  • 本当に肌が白くなるの?
  • そんな疑問を持っていませんか?

 

美白とは、くすみやシミなどの色素沈着が少ない状態で、肌に透明感があり、明るい色をしていることを言います。
また、肌の色をそのような状態に近づける事とも言えます。

 

美白を目指すには、肌のくすみやシミ、日焼けなどの肌トラブルの原因に合わせて、美白洗顔料を選んであげる事が大切になります。

 

 

このページでは、日焼けした肌を白くする効果の高いどろあわわの紹介と、さらなる美白を手に入れる方法を紹介しています。

どろあわわは日焼けによるシミとメラニンをキレイに除去!

どろあわわ 日焼け 白くする

 

夏は紫外線を浴びることによってメラニン色素が生成され、シミの原因になります。

 

お肌の中では、紫外線⇒メラニン色素⇒ターンオーバーで排出を繰り返しています。

 

しかし、ターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素がうまく排出されずにお肌に蓄積しシミとなってしまいます。

 

どろあわわは日焼けによってできたシミ、メラニンを含む古い角質をキレイに除去してくれます!

 

どろあわわで洗顔すると、美白効果を感じる方が多く、とくに日焼けした肌を白くするためにはオススメの洗顔石鹸です。

日焼け後のケア

夏になると海、プール、バーベキュー、キャンプなど屋外でのレジャーをする機会が増えます。

 

普段外を歩いているだけでも、車を運転しているだけでも紫外線によって日焼けをしますが、一日中レジャーで外にいたときには特に日焼けが気になります。

 

「日焼けをしてしまった」と後悔している暇はありません。
肌の美白を守るためにも、少しでも早く日焼け後に肌をケアすることが大切です。

 

少しでも日焼けを防ぐためにできることは、日焼け止めを塗ること、帽子をかぶること、日傘を使うこと、UVカット使用の服を着ることなどです。

 

しかし100%紫外線をカットすることはできないため、少しでも紫外線を浴びた後は、お肌ケアを行う必要があります。

 

日焼け後、ダメージを受けた肌を一刻も早く回復させることが重要なポイントとなります。

 

<日焼け後のケア>

  • 肌を冷やす→日焼けした肌は軽い火傷状態、まずは冷やすこと、保冷剤をタオルにくるんで冷やしたり、冷たいタオルをあてたりして冷やします。
  • 水分補給→洗顔したり、体を洗ったりするときにはこすらずにやさしく洗うようにします。
  • 洗顔後は、保湿効果の高い化粧水をたっぷりとつけパッティングをして肌を潤わせましょう。
  • 日焼け直後は、美白化粧品の使用は控えた方がいいと思います。
  • 肌が敏感になっているときなので、刺激を与えてしまう可能性があります。
  • 保湿→低刺激のクリーム、オイルなどをつけて肌に与えた潤いを逃がさないように蓋をしてください

間違った日焼け後の美白ケア

正しい日焼け後の美白ケアについて知っている人は少ないです。

 

間違った美白ケアをしてしまっている人のためにご説明します。

 

夏が近づいてくると、慌ててUVケアをする人がいます。

 

紫外線が強いと感じたときだけUVケアするのは間違いです。

 

紫外線は夏だけあるのではありません。

 

1年中私たちに降り注いでいますし、晴れていない日でも存在しています。

 

そのため1年を通して、どんな天気の日にもUVケアをすることが大切なのです。

 

美白化粧品を使って美白ケアをしていれば、紫外線を浴びても大丈夫だと思っている人がいます。

 

紫外線を浴びて日焼け後できたシミをケアするのは大変なことです。

 

その前にUVケアをしっかりとしてシミを作らないことが大切です。

 

日焼け後にすぐ美白化粧品を使うのは間違いです。

 

軽い火傷状態にある肌に美白化粧品は刺激が強すぎます。

 

まずは、冷やしてたっぷりと保水すること、クールダウンして肌の状態が落ち着くまで使わないようにしましょう。

 

1日に何度も美白ケアすればいいわけではありません。

 

化粧品などは使用量、使用回数が決められています。

 

一度にたくさん使ったり、1日に何度も使ったりしたからといって、早く美白できるわけでありません。

 

定められた量を守って、使用回数を守ってこそ正しい効果を得ることができます。

 

化粧品はいろいろな種類を使うよりも、スキンケアラインで使った方が、きちんと効果が得られるようになっています。

 

できれば1つのメーカーで同じラインのものを使った方がいいと思います。

日焼け後の注意点

美白のために大切なことは日焼け後のケアにかかっているということ。

 

いち早く日焼け後のほてった肌を冷やし、保湿すること。

 

水、スポーツドリンクなどで水分を補充し、ビタミンを摂ること。

 

日焼け後してはいけない注意点

  • アルコールを過剰摂取すること。
  • 日焼け後にむけてきた皮を無理矢理はがすこと。
  • 再び日焼けすること。

 

海、バーベキュー、キャンプなど日焼けするような屋外レジャーでは、ビールなどアルコールを飲む機会が多いと思います。

 

水分補給という意味でアルコールを水代わりにして飲む人もいます。

 

しかし日焼け後は、アルコール類、カフェイン類は控えなければいけません。

 

利尿作用があるため、日焼け後ただでさえ体内に水分が足りない状態なのに余計に失われてしまいます。

 

水分補給は、水、スポーツドリンク、多少塩分の入っているものがおすすめです。

 

皮がめくれてくるのに気がつくとついはがしたくなりますが、無理にはがすと再生のできていない皮膚にダメージを与えることになってしまいます。

 

自然にはがれるのを待つようにしましょう。

 

日焼け後の肌は、敏感な状態です。

 

弱った状態の再び日焼けするとさらにダメージが加わり大変なことになります。

 

日焼け後は特に紫外線対策をしっかりと行うようにしましょう。

 

日焼け後の肌に、日焼け止めクリームを塗ることは刺激が強すぎるため、日傘、帽子、アームカバーなどで紫外線対策を行うのがいいと思います。

 

このようなことを守ることで、美白肌を手に入れることができるでしょう。